伊丹市「新伊丹」駅より徒歩6分の歯医者・歯科『つじの歯科医院』です。一般歯科・予防歯科・歯周病治療・小児歯科・審美歯科・インプラント・入れ歯治療・ホワイトニング・マウスピース・訪問歯科診療等に対応いたします。

インプラント

インプラント治療とは

インプラント歯が抜けたところに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせることで、歯の機能を回復させるだけでなく、自然な歯並びをよみがえらせる治療法です。
埋め込みに使用するチタンのネジは骨と結合する特性を持つため、従来の治療法に比べて噛んだり話したりしやすくなります。

当院のインプラント治療について

当院はサージカルガイド(ノーベルガイド)を使用したインプラント治療を行っております。
安心安全なインプラント治療をサポートするために、当院ではデジタル技術を活用したシステムを使用しています。
CT(3次元レントゲンシステム)及び、サージカルガイドを使用した安心安全な丁寧で長持ちするインプラント治療を心がけています。

当院のインプラント治療

サージカルガイド(ノーベルガイド)について

サージカルガイドCT撮影データとシミュレーションソフトウエアを組み合わせて、治療計画をサポートするコンセプトです。
手術の前に骨の形態や質、神経の位置等を把握し、安全なインプラント治療をサポートします。
また計画通りにインプラントを埋め込むために、患者様ごとにサージカルガイドを作製して使用します。

サージカルガイド(ノーベルガイド)を利用した治療の流れ

1.CT撮影
CT撮影 CT撮影を行い立体的に神経、血管、骨などの様子を把握します。
骨の形や質、高さや幅には個人差があり、骨の中には神経や太い血管が通っています。
2.コンピュータ上で治療を計画
CT撮影データから得られた情報をもとに、神経や太い血管を避けながらインプラント治療を計画します。
埋め込むインプラントのサイズや、角度、深さ等をソフトウェアでシミュレーションします。
3.治療方法、費用のご説明
治療の計画内容や費用の詳しい説明をします。
4.インプラント手術
治療計画に基づいてインプラントを埋め込むために、サージカルテンプレートをお口に取り付けます。そしてインプラントを埋め込みます。
5.最終的な歯の取り付け
インプラントと骨が結合している良好な状態を確認した後、最終的な人工の歯を取り付けします。
6.インプラント治療後
インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に一回は定期検診を受けてください。

インプラントの特徴

自分の歯と同じ感覚で食べられる

インプラントは顎の骨にしっかりと固定されるので、硬い食べ物なども自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。

審美性に優れ、見た目が自分の歯と遜色無い

入れ歯のように、歯を固定する金具が見えることはありませんので、見た目が自然で、お口の中が気になりません。

周りの歯を傷つけない

入れ歯やブリッジでは、周りの歯を使って人工歯を固定させるため、負担がかかってしまいます。
インプラントは周りの歯を傷つけずに治療できます。

歯を失った部分の骨の顎が痩せない

歯を失った後そのままにしておくと、顎の骨に刺激が無くなり、次第に骨が痩せていってしまいます。
インプラントを埋入することで、噛む力を顎の骨に伝え、骨が痩せるのを防いでくれます。

他の治療法との比較

ブリッジや入れ歯について

これらの従来の治療法は、両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます。

デメリット
  • 噛む際に、削られた歯に負担がかかり傷みやすいです。
  • 歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないため、次第にやせてしまいます。

インプラントの場合

インプラントの場合は該当箇所に直接インプラントを埋め込み、その上に人工の歯冠を固定します。

メリット
  • 健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てます。
  • 歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てます。
デメリット
  • 保険対象外につき、費用が他の治療法よりも高額になります。
  • オペが必要になります。
  • インプラント治療終了後も、定期検診が必要です。

主なリスク・副作用について

  • インプラント治療は保険適用外の治療となります。
  • お子様は骨が成長途中のためインプラント治療はできません。
  • インプラント治療は痛み止めや抗生物質等を使用する必要あります。そのため妊娠中の方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方はインプラント治療を推奨しておりません。
  • 内科的な側面から心臓疾患や骨粗鬆症などの方はインプラント治療に適さない場合があります。
  • 血圧に関する薬を服用されている方は治療前に歯科医師に申告してください。
  • インプラント治療は外科手術が必要となります。これまで問題が無かった神経や血管などにも影響が生じる場合がありリスクが生じます。健康状態により手術自体を受けられない場合もあります。
  • 糖尿病の方は免疫力や抵抗力が低下しやすく、歯周病の発生リスクが高いと言われています。そのため事前に生活習慣の改善・治療が必要な場合があります。
  • 口腔内の衛生状態が芳しくない方、顎の骨が足りない方、喫煙者の方など、事前に生活習慣の改善・治療が必要な場合があります。
  • インプラント治療は顎の骨に穴を空け、そこに人工歯根を埋め込み、その上部に人工歯を被せます。インプラントが骨に接着するまで3カ月?6カ月を要します。インプラントを埋め込む骨の厚みを増やす手術を行う場合は、それ以上に治療期間を要する場合があります。
  • 手術時に下顎神経への接触や至近だったなどの影響で下歯槽神経の損傷(知覚異常や鈍麻)を起こす場合があります。
  • インプラントによる神経圧迫、神経損傷、神経切断が生じた場合はインプラントを撤去いたします。その状況によって経過観察を行う場合や、内服薬で治療を行う場合もあります。
  • 上顎へインプラントを埋める場合、上顎洞を破るリスクがあります。
  • 手術時に感染が生じた場合、蓄膿症になる場合があります。その場合インプラントを除去することがあります。蓄膿症になった場合は耳鼻咽喉科など専門機関で治療を受ける必要が生じる場合があります。
  • インプラント手術直後、違和感、痛み、腫れ、出血などが発生する場合があります。
  • 歯がない箇所のリカバリーは欠損箇所のみの治療ではなく、全体の噛み合わせやバランスを考慮した治療の選択を推奨いたします。
  • インプラント治療後は定期検診、メンテナンスの継続が必要となります。
  • インプラントは人工物ですが丁寧なメンテナンスが必要です。口中の衛生状態が悪い場合、インプラント周囲炎という病気にかかる可能性があります。

〒664-0852兵庫県伊丹市南本町3-2-8

072-775-3718
阪急伊丹線「新伊丹」駅より 徒歩約6分

駐車場完備

診療時間
 9:20~13:00
15:00~20:00

★…9:20~14:00

休診日木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © 2021 つじの歯科医院 All Rights Reserved.